婚活ブログ
KONKATSU BLOG

女性は不利?結婚後の住む場所と仕事について

2022年11月16日

婚活マイスターコナンの仲人Qです。

お相手の居住地について最初は「近隣県」でも全然大丈夫!と思っていたとしても、

交際が進むにつれだんだんと不安になってくる。

そう思うのは大半が「結婚後も今の仕事を継続したい女性」

今回は、そんな43歳女性会員さんのお話です。

★★★★★★★★

仮交際中のデートも5回目となり、お互いに好意を抱いているのは確かで、そろそろ真剣交際を意識していました。

しかもその日は彼のマンション(持ち家)で手作り餃子を振る舞ってくれるというのです。

いろいろと期待に胸をふくらませ、待ち合わせの最寄駅から歩くこと20分、

坂を登って着いたのは2LDKのリーフォーム済のマンション。

(20分って微妙に遠いな。。)

とっても美味しい餃子とビールをごちそうになり、後片付けは私が。。と、

激しくとっ散らかった台所を一掃しました。

(男性って片づけ苦手ってホントだな。。)

帰り道、今のマンションを賃貸に出してもう少し便の良い場所に引っ越すという選択肢はある?

と思い切って聞いてみたらところ「とても気に入って購入したマンションなので難しい」とのこと。

彼女は自宅へ戻る電車の中で考えました。

(今、通勤45分が倍以上になる。通えなくはないけど、ないけど、遠い。。)

(しかも結婚したら帰宅後、料理やあれこれとやることが増える。。)

(お風呂上りにマッサージやパックを楽しむ余裕なんてなくなるかも。。)

そんな近い将来が想像できて、自宅へ戻ったころには交際終了を決意していました。

★★★★★★★★

好きになったら、働き方を変えたり転職してまでも一緒になりたいと思うでしょう。

多少へんぴな場所でも問題ないと思えるでしょう。

彼女の場合はそこまでの気持ちではなく、しかも仕事を変えたくない。

それが分かったのでよかったです!と彼女は晴れやかな表情でした。

それからの婚活はとてもスムーズに進んで、

今は仕事継続に理解を示してくれるお相手とうまくいっています。

なんにせよ、折衷案を見出すための話し合いができるかどうかが大切ですね 😆 

来店予約・
お問い合わせはこちら

お電話での
お問い合わせ

総合受付tel0120-970-480
赤羽・五反田tel03-3598-1150
am10:00-pm19:00
(火曜定休)

フォームでの
お問い合わせ

無料カウンセリング資料請求・問い合わせ

無料カウンセリング 資料請求·問い合わせ